Fragaria×Ananassa
フラガリア×アナナッサ
国民生活金融公庫の内定
お店を始めるために、自己資金だけでは足りないので国の融資制度を利用することに。
なかでも国民生活金融公庫、通称「国庫」は低金利はもちろん、無保証・無担保のプランもあり、国庫での借入れを決意っ

まずは、「事業計画書」の作成・・・自分たちがどんなことを、なぜ、どのようにやりたいかを詳しく書くのですが、ただ書いても伝えたいことは伝わらない。
しかも、パソコンが苦手な私たちにとっては辛かったなぁー
資料集めや調査や打ち込み作業など、合わせて数ヶ月はかかったかな~

そして計画書も仕上がり、国庫に事前相談に行った数日後・・・ついに提出っ!!
受付の方が計画書や申込書をチェック・・・そしてうなずきながら、
「事業計画書としては平均よりも良いですね」と・・・。
ちょっと褒められただけでもう嬉しくて心の中で「やったぁぁ~~!!!」って大絶叫~~
国庫を出て2人して、まだ終わってないのに「終わったぁぁ~!!!」って外で叫んでたっっ笑
完全に舞い上がってたなー

そう、書類の提出の後、約一週間後に面接が・・・
面接までのあっという間に時は過ぎ、不安になりながらもついに面接当日。

朝から有り得ないくらい緊張、胃痛、心臓バクバクで、こんな緊張は人生初かもっ!!
担当者の方は若めの男性で緊張しながらも受け答えをし、1時間の予定よりもオーバー
でもまぁ無事に面接も終わり、ほっと一安心っ

その後、担当者さんから早ければ今週には結論が出ると言われ、ちょうど一週間で出るなんて早いっと思い、不安もありつつ心待ちに待っていたのですが・・・

その日に、電話も手紙もこない。。。なぜ???
週明けに待てずにこちらから連絡すると、あっさり「まだ結果でてないですね」のひと言。

納得いかないけれどそこはしょうがない、待つしかない。
そして待ち続けて数日が過ぎ、面接から10日が経つ頃担当者さんからの連絡が!!

内容は、審査が難航していること、借入れ希望金額より少なくなりそうとの途中経過報告
借入れ希望額は600万減額-200万400万になりそうだとの事。
理想は満額、でも1円も出なければ私たちは開業もできない。
ならば減額でも資金が出るならばその資金で資金繰りすればいいとか、でも満額出てもギリギリだし、と頭の中がぐるぐるになりながらもまだ決定した訳でもないと思い、何とかならないかという交渉もしたものの、興奮していたので何を話したか覚えてないくらい。。。

面接から2週間が経ち、週が明けたら結果がでるはず。
減額はほぼ確定、その事実を受け止め、前向きにこれから準備していかないとっっ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fragaria.blog38.fc2.com/tb.php/2-8d8ae469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック